2016/07/20

ポケモンGOと経営コンサルティング

ポケモンGOというゲームが世界を賑わしている。このゲームは、GPSの位置情報であちこちにポケモンが出現し、プレーヤーがゲットできるというものだ。世界の騒動を見ながら、経営コンサルタントとして興味を引くことが3つあった。
①時代は激しく動いているから新しい商売のタネはどこにでもある。
 現代は情報化とグローバル化が同時にシンクロしながら進展しています。従来型の産業で縮小いていく分野がある一方で、新たなビジネスチャンスがいたるところに転がっている。経営者なら、常にそのチャンスの芽を探し続ける必要があると思います。
②従来からあるものをうまく組み合わせるとヒット商品が生まれる。
 ゲーム界隈の話では、GPSを使った同じようなゲームは従来からあったらしい。一方、ポケモンは世界的なアニメキャラクターだ。それらを組み合わせたことで爆発的な人気になった。会社経営においても、従来からあるものをミックスすることで、新たなものを創り出すことを考えるのも良いのではないでしょうか。
③市場に応じたマーケティング戦略を世界的企業でも行っている。
 ポケモンGOは、先進的なものを好むアメリカを当初の市場として売り出し、新しいものに懐疑的な日本を最後の方に発売するというマーケティング戦略であると予測される。こうした戦略は最近よくあるが、世界的企業では国によって戦略が異なり、スケールの大きさを感じる。とは言っても、スケールとしては小さいが中小企業でも同じように市場を細分化され、それぞれ異なるマーケティング戦略が必要となることでしょう。

 余談として、先日テレビを見ていたら女子高生将棋棋士の竹俣紅さんが、上記のマーケティング戦略をわかっており驚きました。「さすが紅ちゃん」と思わずうならされました。私は趣味がプロ将棋の観戦で、彼女のことを知っているせいか、少し嬉しくなりました。それとともに、感の良い人には企業のマーケティング戦略もすぐに見破られてしまうものだと知らされました!!!
スポンサーサイト